3大ED治療薬を徹底分析!

世界で1番愛用されているED治療薬

シアリスとは

バイアグラ、レビトラよりも後に開発されたED治療薬シアリスはアメリカのイーライリリー社より販売が開始されており、 現在では世界100カ国で1000万人以上の人が愛用しているお薬です。

3大ED治療薬として日本でも2007年に厚生労働省より認可されています。

他のED治療薬と大きく違う点は、その持続時間の長さにあります。

最大で36時間も効果を発揮すると言われており、『ウィークエンド・ピル』という異名を持つほどです。

これは、薬が強いというわけではなく、長い時間マイルドに効果を発揮するという事で、より自然な勃起が期待できるのです。

また、効果がマイルドなため副作用も少なく、バイアグラやレビトラで見られる赤ら顔になりにくいという特徴も持っています。

軽度のEDの人におすすめのお薬です。

効果・効能

シアリスを服用することで勃起が強まると思っている人も多いかもしれませんが、正確には「勃起状態が弱まるのを防ぐ」効果があるお薬です。

別名でPDE5阻害剤とも言われており、勃起を妨げる物質PDE5の作用を抑えて、勃起を継続してくれる効果が望めます。

これは、シアリス、バイアグラ、レビトラなど、ED治療薬全般に言えることですが、男性が勃起する場合は何かしらの性的刺激を受ける必要があり、 男性が本来持っている勃起力に依存するものなのです。

それでは、なぜシアリスが人気なのか?それは、持続時間の長さにあります。

バイアグラやレビトラは、持続時間が長くても8時間とされていますが、シアリスの場合は、驚くことに持続時間が最大で36時間。

この時間内であれば勃起の維持をサポートしてくれるので、薬の効果が現れても時間を気にせず性交渉を何度でも楽しめるというメリットがあるのです。

シアリス注意点

◆3時間前に服用を!

シアリスの特徴は何と言ってもその持続時間の長さですが、薬自体の血中濃度がピークに達するのは服用後3時間前後と言われています。

その後、徐々に血中濃度が下がっていくため効果は長続きします。

そのため、前もって服用することをおすすめしています。

◆空腹時に服用を!

レビトラ同様にシアリスは食事の影響を受けにくいED治療薬ですが、食事を取ることで身体への吸収が阻害されることはあります。

バイアグラと比べると、食事による影響がかなり低くなっていることは事実ですが、空腹時に服用することを心掛けておいてもいいかもしれません。

食事を食べても大丈夫と安心して焼肉やラーメンなどの油分の多い食事を取ってしまうと、薬の吸収が悪くなり効果が減少、 最悪の場合は効果が出ないことも考えられます。

シアリスの効果を存分に発揮したいのであれば多少の空腹は我慢しましょう。

ページのトップへ戻る