3大ED治療薬を徹底分析!

弱点のないED治療薬

レビトラとは

ED治療薬であるレビトラは、世界初のED治療薬バイアグラのデメリット部分を改善したお薬と言われています。

ドイツにある製薬会社バイエルヘルスケア社が開発を行い、日本ではバイアグラに次ぐ2番目のED治療薬として厚生労働省より承認されています。

正式名称はバルデナフィル塩酸塩で、バイアグラ、シアリスと同じPDE5阻害薬です。

その特徴としては、水に溶けやすいため即効性が高く、少量でも存分に効果を発揮してくれます。

効果・効能

勃起不全・勃起障害を改善してくれる治療薬レビトラは、バイアグラの問題点を改善する形で開発されたお薬です。

性的な刺激、興奮を感じることで、陰茎の勃起を助けてくれる効果があります。

これは、レビトラの有効成分バルデナフィルに勃起を妨げるPDE5という物質の動きを抑えてくれる性質があるためです。

レビトラを使うメリットしては、何と言っても即効性にあります。

水に非常に溶けやいため体内への吸収が速やかで、服用後20分ほどで効果が現れます。

持続時間もレビトラ20mg使用で最大8時間と非常に長いので、何度でもプレイを楽しむ事ができます。

また、レビトラはバイアグラと比べると食事の影響を受けにくい、副作用が比較的少ない、糖尿病や脊椎損傷、 うつ病によるED患者にも効果があるなど優れた点が多いため、バイアグラよりもレビトラを好んで使用する人も増えてきています。

レビトラ注意点

◆食事の影響

レビトラはバイアグラに比べると食事の影響は受けにくいと言われていますが、少なからず薬の吸収を阻害する可能性はあります。

特に牛丼やファーストフードなど油分の多い食事を取った後は、薬の吸収が非常に悪くなり効果が激減してしまいます。

どうしても食事を取りたいときは、和食やうどんなど、油分が控えめな食事を取るようにしましょう。

食事を取るのを禁止するわけではありませんが、薬の効果をベストに発揮したい場合は空腹時に使用する事をおすすめします。

◆服用方法

レビトラを使用する際は、基本的にお水でなくても他の飲料で飲んでも構いません。

ジュースやお茶、そしてお酒でも少量であれば問題はないでしょう。

ただし、アルコールに免疫が少ない人がお酒と一緒にレビトラ服用してしまうと、 レビトラの血管拡張の効果が作用してアルコールが身体に一気に回ってしまい倒れてしまう恐れがあるので注意してください。

また、ジュース、お酒の場合もグレープフルーツを含むものは、レビトラの血中濃度を上昇させる作用があるので非常に危険です。

それだけ注意しておけば何で服用しても大丈夫ですが、基本的には水で服用することをおすすめします。

ページのトップへ戻る