3大ED治療薬を徹底分析!

世界初のED治療薬

バイアグラとは

バイアグラは世界で初めての勃起不全・勃起障害の治療薬です。

本来は狭心症のお薬として研究・開発がスタートしましたが、その治療効果は低く中止されることに。

しかし被験者からの情報で、この医薬品には男性器の勃起を促す効果があることが分かり、その後バイアグラとして研究・開発がスタート。

1998年1月にアメリカの製薬メーカーであるファイザー社より販売されることになったのです。

1番最初のED治療薬だけあって、その認知度、そして実績が高く、安心して使いたい人にはおすすめの医薬品です。

効果・効能

男性生殖器の一部でもある海綿体と呼ばれる器官の血流と深い関係がある男性機能。

海綿体に血液が流れ込むことで、はじめて男性機能が正しく発揮されるといっていいほどです。

このED治療薬には、男性生殖器周辺の血の流れを盛んにしてくれる効果があります。

お薬を服用してから効果が発揮されるまでに約30分ほどかかるので、性行為の1時間前に服用しておけば間違いないでしょう。

また、バイアグラの持続時間は、短くて3時間、長くて5時間が目安とされています。

服用の間隔は24時間以上あけることを忘れてはいけません。

バイアグラ注意点

◆アルコールの摂取について

アルコールを大量に摂取した状態での服用、また服用後の大量の摂取は控えておきましょう。

お酒を飲みすぎると、バイアグラの効果が現れないケースがあります。

また、身体に大きな負担が掛かってしまい倒れてしまう危険なども考えられます。

逆に適量のアルコールであればリラックス効果もあり、バイアグラの効果を促進してくれる可能性もあるので、 試してみてもいいかもしれません。

◆併用禁忌薬

重大な副作用が発症する可能性が低く比較的に安全なバイアグラですが、併用禁忌薬があることは覚えておきましょう。

特に血管拡張薬の一種である硝酸薬などを使用している人が、バイアグラを服用すると重大な副作用が現れる場合があり、 非常に危険なので注意してください。

何かしらのお薬を常用している人は、バイアグラを併用してもいいのかをしっかりと調べておきましょう。

不安な人は病院などで相談してみるのもいいかもしれません。

ページのトップへ戻る